足がかゆい・足の湿疹について

足のかゆみについて

足にかゆみを感じる場合、足の皮膚の乾燥や湿疹、発疹が原因のこともありますが、皮膚直下の静脈の血行障害が原因となっているうっ滞性皮膚炎があります。なかなか治らない足のかゆみや湿疹は静脈の血行障害を疑う必要があり、さらに血管がコブ状に膨れて浮き出るような症状があれば、それは下肢静脈瘤に伴ううっ滞性皮膚炎かもしれません。静脈の血行障害や下肢静脈瘤によるうっ滞性皮膚炎の場合、適切に診断し治療を行わないと治癒は難しくなります。

かゆみとは

かゆみのメカニズムは詳しくわかっていませんが、皮膚や粘膜に存在するマスト細胞(肥満細胞)から放出されるヒスタミンがかゆみを引き起こしていることはわかっています。蚊に刺されて赤く腫れるのも、かゆくなるのも蚊の唾液に含まれる成分がマスト細胞からヒスタミンを放出させるからです。ヒスタミンが知覚神経を刺激し、脳がかゆみを感じると神経ペプチドが放出され、それがマスト細胞を刺激してさらにヒスタミンを放出させることになります。かゆみが続くのはこうしたメカニズムのためだと考えられています。
一方、皮膚が乾燥することもかゆみの原因です。普段はバリアとして機能している水分と皮脂が乾燥によって失われることで外界に対して無防備な状態になり、ちょっとした刺激にも敏感になってしまいかゆみを感じてしまうのです。
静脈内の血流が滞ること(これを「うっ滞」といいます)で、皮膚が乾燥したのと同じ状態になってしまうことがあります。

血液のうっ滞について

夕方になると靴がきつく感じたり、靴下を脱ぐとくっきりとゴムの跡がついていたりすることがあります。これは足がむくんでいるためで、長時間の立ち仕事の後などはとくに顕著です。逆にデスクワークなど座りっぱなしで一か所に動かないでいるの仕事で足の筋肉を使わない場合にも足がむくみます。足が重だるく感じて、動きたくなくなります。これらのむくみ、だるさ、重く感じる原因は足の血流が滞留した「うっ滞」状態です。
足の血流がうっ滞するのは、静脈の血流が逆流するためです。
私たちは、日中は立って生活をすることがほとんどですから、重力の影響を受け水分は下部の足にたまりやすくなります。そのうえ、足の静脈は足から心臓へ重力に逆らって血液を押し上げなければなりません。そのためにはふくらはぎの筋肉が収縮して静脈を絞り上げるように血液を送り出す筋肉ポンプ作用と、静脈の内側にある静脈弁(逆流防止弁;重力により下がってくる血液の逆流を止める弁)が働くことが必要です。長期間の立ち仕事、肥満、加齢、妊娠・出産が誘因となって筋肉ポンプや静脈弁の機能が低下したり、静脈弁の機能不全になったりすると血液が逆流し、「うっ滞」を起こします。

うっ滞性皮膚炎とは

うっ滞が続くと静脈内の圧力が上昇して赤血球が血管から漏れ出し、皮膚に赤茶色の斑点や紫斑が現れます。この色は赤血球に含まれる鉄の色です。やがて茶褐色や黒色の色素沈着を起こすようになります。これがうっ滞性皮膚炎の特徴です。
うっ滞が起こると、皮膚への酸素や栄養の供給が不足します。抵抗力も落ちるため炎症が起きやすくなり、炎症を繰り返します。軟膏などで対処しても、原因が血流異常ですから、なかなか改善しません。やがて、潰瘍を起こして皮膚がボロボロになってしまいます。

うっ滞性皮膚炎の検査と治療

うっ滞性皮膚炎は血管や血流の状態を詳しく調べるドプラー血流計や超音波診断装置などで、痛みもなく検査することができます。検査は健康保険が適用されます。
保存的療法として弾性ストッキングや弾性包帯による圧迫療法を行います。圧迫することによって血流を確保します。
また、長時間の立ち仕事を避けたり、足を動かしたりする指導をし、就寝時には足を高くして寝るような改善指導を行います。こうした治療で皮膚症状は改善します。しかし、血液の逆流が明らかで下肢静脈瘤がある場合は保存的治療だけでは治療は困難です。

下肢静脈瘤の治療

うっ滞性皮膚炎の背後に下肢動脈瘤や高度な血液の逆流がある場合には手術による静脈瘤の治療が必要です。以前から行われているストリッピング手術(悪くなった静脈を引き抜く手術)だけでなくレーザーや高周波で血管を内側から焼灼する日帰り手術(血管内焼灼術)が行われます。うっ滞した静脈を除去することで、かゆみや、湿疹、炎症、潰瘍などの皮膚の症状は改善します。

湿疹について

湿疹とは、かゆみを伴う皮膚表層の炎症の総称です。ジクジクした水疱ができたり赤いブツブツができたり、皮膚がカサカサになって硬くなったりと、さまざまな症状があります。

日常から考えられる原因

皮膚への強い刺激、アレルゲンとの接触

刺激が強い石鹸、洗剤、油や、それらに含まれる香料などの刺激物に触れたり、アレルギーを引き起こすアレルゲンに触れたりすると湿疹ができることがあります。アレルゲンとなる物質や成分は化粧品やヘアケア製品、洗剤などに含まれています。また、植物、貴金属、衣類など身の回りのあらゆるものが原因物質になり得ます。

食物アレルギー

アレルギーは食品でも起こります。摂取すると皮膚に湿疹があらわれることがあります。卵、大豆、牛乳、そば、さば、貝、山芋、ピーナッツなどはよく知られています。ただ、湿疹以上に重篤な呼吸困難、血圧低下などを起こすものもあります。

汗の刺激

大量の汗をかくと皮膚の汗腺などが詰まって汗が排出できなくなり、周囲の皮膚を刺激して炎症反応が起こることがあります。

カビ(真菌)の感染

皮膚には常在菌として数多くのカビが棲んでいます。健康なときには増殖を許さず影響を受けませんが、疲労やストレスで免疫力が落ちたりすると増殖して湿疹のような症状を引き起こします。カンジダ菌や、水虫の原因菌である白癬菌などがその代表です。

特殊な肌タイプ

乾燥肌、敏感肌など、刺激に弱い肌質の場合、皮膚のバリア機能がそもそも低く、下着による圧迫などで皮膚が荒れて湿疹ができることがあります。

虫刺され

蚊やダニ、ノミ、毛虫など刺されたり噛まれたりすることで毒性物質が入り、湿疹が出ることがあります。

対処法

引っ掻かずに冷やす

かゆいときにはついつい掻いてしまいますが、これはかえって症状を悪化させます。肌のバリア機能を壊してしまうためで、かゆみが止まらない上に皮膚が傷ついて化膿したりします。
かゆいときには患部を冷やすのが効果的です。冷やした濡れタオルを当てたり、ハンカチなどでくるんだ氷や保冷剤で冷やします。

市販の薬を使う

いわゆるかゆみ止めの軟膏やクリームを使います。塗るとひんやりするメントールなどの成分が入ったものもあります。 水虫にはブテナフィン塩酸塩、ラノコナゾール、テルビナフィン塩酸塩などの抗真菌成分が含まれた製品が効果的です。これらの成分は白癬菌の増殖に関係する酵素の働きを妨げます。水虫の治療は気長に毎日続けることが大切です。かゆみのある患部よりも広めに薬を塗るようにしましょう。

病院を受診する

市販薬などを使ってもなかなか改善しない場合は、病院での診察が必要です。皮膚科が第一候補ですが、なかなか治らない湿疹の場合は血管が原因(うっ滞性皮膚炎)の場合もあり、皮膚科の先生と相談のうえ血管外科を受診してください。また、アトピー性皮膚炎が疑われるお子さんの場合には小児科やアレルギー科なども検討しましょう。

TEL:048-822-5489
一番上に戻る
求人情報日帰り手術ドットコム