足がだるい・重い

足がだるい

スポーツをしたり長時間歩き回ったりすれば、肉体的疲労から足がだるく、重く感じます。疲労の心当たりはないのに「なんとなく足がだるい・重い」と感じることや、長時間の立ち仕事をしている方など、慣れているつもりでも疲労が蓄積して感じることもあります。
また、疲労だけではなく、足の血流が滞ることで老廃物がたまり、慢性的にだるさ・重さを感じることもあります。

足がだるい原因

運動などで筋肉を使ったわけではないのに足にだるさ・重さを感じる場合、疲労の蓄積が考えられます。ふくらはぎの筋肉がこわばって硬くなっている状態です。
心臓から遠い足の血流を循環させるのは心臓の力だけではできません。そこで、ふくらはぎの筋肉が、足の静脈血を重力に逆らって心臓に押し上げる役割を担っています(筋肉ポンプと言います)。
立ち仕事などで疲労がたまり、筋肉が硬くこわばってくると、筋肉ポンプが十分に働かないため血流循環が悪くなり、老廃物が蓄積して足にだるさを感じるようになります。

足の血行との関係

朝よりも、夕方から夜になるほど足がだるくなり、むくんでくる慢性的な症状に悩んでいる人は結構います。これは疲労が原因のだるさ・重さではなく、血流が滞ってたまってしまう「うっ滞」が原因かもしれません。足に酸素や栄養分が供給されず、筋肉などの組織が十分な働きができなくなって、それがだるさとなって感じられます。
うっ滞が起こる原因は血液循環の乱れです。とくにふくらはぎの筋肉は足のポンプとして重力に逆らって血液を心臓に向けて押し上げています。これが蓄積疲労などでうまく働かなくなると、静脈の血流が悪くなって血管内の圧力が上がり、血液の逆流を抑制している静脈弁にも大きな負荷がかかって血液の逆流が起こり、血液が滞留するうっ滞を起こします。うっ滞すると足がだるくなるだけでなく赤血球が血管から浸みだして、皮膚に赤茶色の色素斑や紫斑が現れ、かゆみを感じたりします。

血液の流れが原因かも

血流のうっ滞が原因で足にだるさを感じるケースにでは、下肢静脈瘤もあります。下肢静脈瘤は静脈弁がうまく働かなくなったり破壊されることで血流が逆流し、血液がうっ滞して血管が太くなり蛇行してくる病気です。静脈がコブのようにな膨らみ、皮膚表面にボコボコと浮いて出ます。また、足がむくんだり、だるさを感じたり、夜中にこむら返りを起こします。
下肢静脈瘤は、女性に多く発症し、長時間の立ち仕事などで疲労が蓄積しやすい方に発症しやすい傾向があります。妊娠・出産をきっかけに発症する方も多いです。

足を楽にするための3つの方法

長時間の立ち仕事などで足がむくんだり、だるくなったりする方は多くいらっしゃいます。第2の心臓といわれるふくらはぎの筋肉に疲労が蓄積してうまく機能できなくなって、足に老廃物がたまったり、血行が悪くなって酸素や栄養が不足気味になって、だるくなります。
これを解消するには、ふくらはぎが血流を押し上げるポンプ機能を回復させ、血流を健全な状態に戻すことです。それに有効な3つの方法をご紹介します。

屈伸運動やアキレス腱を伸ばす

準備運動などで行われる屈伸運動やアキレス腱を伸ばす運動は、ふくらはぎに滞留した血液を抜く効果があります。滞留した血液には老廃物がたまっているので、これを抜くことで足が楽になります。ちょっとしたスペースがあればできますので、仕事の合間にこまめに励行しましょう。

弾性ストッキングの着用

足を強い力で締め付ける医療用の弾性ストッキングの着用も効果的です。弾性ストッキングは足首あたりがもっとも締め付けが強く、上部に向かうにしたがって圧迫力が緩くなるように設計されています。血管を絞るように締め付け、血液を下から押し上げてふくらはぎのポンプ機能をサポートします。その結果、血行を回復させます。
圧迫力によって「弱圧」「中圧」「強圧」があり、ドラッグストアなどで市販されているものは「弱圧」です。それ以上のものは医療機関で取り扱われます。診察を受けた上で医師の指導で着用します。

寝ながら足を組んで膝を揺らす

寝ころんでふくらはぎをマッサージする方法です。寝転んで膝を立てて足を組み、下の足の膝に上の足のふくらはぎが乗るようにします。その状態でブラブラと足首を揺らすと、寝ながら一人マッサージができます。お風呂に浸かりながらやるとより効果的です。

気象病について

気圧や気温、湿度の変化や季節の変わり目など、気象の影響を受けて出る症状を総称して「気象病」と呼びます。
「古傷が痛むと天気が悪くなる」などとよくいわれますが、一方で「気のせい」といわれたりもします。しかし、実際に天気によって不調を訴える人はたくさんいます。頭痛を訴える方がもっとも多く、その他、めまい、耳鳴り、ぜんそく、関節痛、神経痛、うつや不安症などさまざまな症状があります。
最近になって、内耳に気圧変化を感じ取るセンサーがあり、このセンサーが過剰に反応しすぎることで自律神経系のバランスが崩れ、さまざまな症状となってあらわれるのが気象病だと考えられるようになってきました。気象病は女性がなりやすい傾向があります。
足のだるさ・重さとの関係では、気圧が下がると、足への圧力が弱くなるため筋肉が緩むんでふくらはぎの「筋肉ポンプ」が働きにくくなり、血液の循環機能が低下したりします。湿度が上がると、皮膚から水分が蒸発しにくくなって体温調節が乱れ、温度も湿度も高いと自律神経が乱れやすくなって、代謝や排せつ機能が低下するため、下肢にたまった水分がだるさや重さの原因になると考えられています。

TEL:048-822-5489
一番上に戻る
求人情報日帰り手術ドットコム