下肢静脈瘤になりやすい人

なりやすい人

下肢静脈瘤はさまざまな理由で足の静脈の血流が滞ってしまうことが原因となって発症します。足の静脈の静脈弁やふくらはぎの筋肉の働きが足の静脈の血流を支えていますが、これらの機能に負担をかけやすい職業、機能不全に陥りやすい人には下肢静脈瘤ができやすい傾向があります。

立ち仕事

立ち仕事の方が下肢静脈瘤になりやすいのは、立ち続けることでふくらはぎの筋肉が静脈を絞り上げて血流をサポートする機能(筋肉ポンプ)が十分に働かなくなるからです。人は立って生活をしていますから足はとくに重力の影響を受けます。体の水分は立ち仕事の間に下がって足にたまります。立ち仕事で筋肉も固まってポンプ機能が低下することで血液が流れずにたまってしまい、静脈の壁や静脈弁におおきな負担がかかり、下肢静脈瘤になりやすくなります。
ふくらはぎのポンプ機能は筋肉を動かすことで機能しますので、デスクワークなど長時間同じ姿勢で仕事をするような方も同じように足の血管に負担がかかるようになり、下肢静脈瘤になりやすくなります。

妊娠・出産

妊娠・出産を経験すると、2人に1人が静脈瘤になるといわれています。これには3つの理由があります。

血液量が増える

妊娠中は赤ちゃんを育てるためにお母さんの血液量が40〜50%も増えるといわれています。そのため全身の静脈はパンパンにふくれて圧力が高まっています。とくに重力の影響を受けやすい足の静脈では血液の滞留が起こりやすくなります。

黄体ホルモンの影響

妊娠をすると黄体ホルモンが増加します。黄体ホルモンには血管を柔らかくします。血管が圧力に対して弱くなって拡張しやすく、静脈弁が機能しにくくなります。

子宮による圧迫

胎児が育ってくると子宮が大きくなって骨盤内で静脈を圧迫しはじめます。足から上がってきた血流はこのために通りにくくなって、足の血管や静脈弁に圧力がかかります。
妊娠時にパンパンにふくれた静脈は出産後には元に戻りますが、ゴムのように伸びきってしまった場合には元に戻ることがなく、下肢静脈瘤ができやすくなります。したがって2人目以降の妊娠を迎えると、下肢静脈瘤のリスクがより高まります。

遺伝

下肢静脈瘤が遺伝することは医学的に明らかになってはいません。しかし、両親ともに下肢静脈瘤だった場合、90%の確率で発症するという調査があります。この調査では、片方の親に下肢静脈瘤がある場合の発症率は25〜62%で、一方、両親とも下肢静脈瘤でないケースでの発症率は20%でした。

加齢

加齢とともに静脈の壁が徐々に脆くなってきます。そのため血液の圧力に弱くなって静脈瘤ができやすくなります。

肥満

肥満は下肢静脈瘤の危険因子で、症状を悪化させるといわれています。しかし、肥満そのものというよりも、むしろ肥満になる要因である運動不足の影響が大きいともいわれています。肥満の方は運動不足から筋肉ポンプの働きが悪くなって下肢静脈瘤を起こしやすくなります。
運動は全身の循環を改善します。適度な運動を継続して肥満を予防することは下肢静脈瘤のリスクを下げることにもつながります。
肥満で問題となる内臓脂肪やコレステロール値、血糖値などは下肢静脈瘤ではなく動脈硬化の危険因子です。

性別

黄体ホルモン(プロゲステロン)とともに、卵黄ホルモンであるエストロゲンが静脈壁を柔らかくして静脈瘤ができやすくしたり、静脈弁が作用しにくくしたりします。この2つのホルモンは月経と連動して一定周期で分泌量のバランスを変化させています。この女性ホルモンの影響で女性のほうが下肢静脈瘤になりやすいといわれています。

下肢静脈瘤の原因

静脈瘤とは静脈壁が内部の圧力でコブのように膨れてしまうもので、コブは数珠のように連なってできてきます。皮膚表面に近い表在静脈に出るため、膨れた血管がボコボコと浮き出て見えます。
足の静脈は重力に逆らって血液を心臓に押し上げるため、逆流を防止するの静脈弁が発達しています。また、ふくらはぎの筋肉が収縮することで静脈を絞り上げる(筋肉ポンプ)ため、血流が勢いよく心臓に向かって行きます。静脈弁と筋肉ポンプこの2つの機能が損なわれると血液が滞留します。心臓から動脈血が次々に送られてきますから、それにも押され、血液が逆流することでしたり蛇行したりして静脈壁に大きな圧力がかかり、血管が蛇行しコブができてきます。
女性に多くみられるといわれ、立ち仕事が多い、妊娠・出産、高齢、遺伝などがリスク因子に上げられています。

足の静脈と動脈

血液が心臓を出発して体の隅々に酸素や栄養を運び、毛細血管を経て心臓に戻ってくる循環を体循環といいます。動脈には酸素に富んだ動脈血がながれ、静脈には二酸化炭素や老廃物を含む静脈血が流れています。
動脈は血液を全身に押し出す心臓の力強い拍動の圧力に耐えられるように頑丈でしかも柔軟性に富んだ構造をしています。一方静脈は動脈ほど血圧が高くないため壁は薄く、柔軟性もさほど高くありません。
静脈血流を促す力は心臓の収縮、骨格筋ポンプ、呼吸ポンプの3つです。心臓の収縮や呼吸による力も静脈の血流を促す力となりますが、足の静脈でもっとも大きな力を発揮するのが骨格筋ポンプ、すなわち「ふくらはぎの筋肉の収縮」です。
また、足の静脈では静脈弁が発達していて、血液の逆流を防止しています。筋肉が収縮して静脈が圧搾圧力を受けると2つの弁に挟まれた血液が心臓方向に流れ、筋肉が弛緩したときには弁が閉じて逆流を防ぎます。
したがって、ふくらはぎの筋肉が疲労や運動不足などでうまく働かなくなると、血流が滞る原因になります。また、静脈が圧力を受けて膨らんだりすると静脈弁が機能不全に陥ったりします。

関連ページ

下肢静脈瘤について

TEL:048-822-5489
一番上に戻る
求人情報日帰り手術ドットコム