冷え性

冷え性

冷え性冷えは血行悪化によって起こっています。血行が悪いと、必要な酸素や栄養素が十分に届かず、たまった老廃物も排出されにくくなるため、さまざまな不調の原因になります。手足などが冷えているのは、血行が悪くなっていることを知らせる体のサインですから、しっかり対策を行って冷えにくい身体づくりを心がけましょう。

こんな症状はありませんか?

このような症状を持っている方は冷え症の可能性があります。

  • 寒いと感じていないのに手足が冷たい
  • 就寝時、手足がなかなか温まらず眠れない
  • 入浴後、すぐに手足が冷えてしまう
  • 手袋やブーツでも手足が冷える
  • 冷えると足腰が痛くなる
  • 肩や腰を温めると楽になる
  • 夏場でも手足が冷たい
  • 下痢や便秘になりやすい
  • 食事制限をしても痩せにくい

冷え症の原因

冷え症の原因冷え症とは、血行が悪くなり温かい血液が毛細血管に十分に流れなくなって血管が収縮することで手足が冷えてしまう状態をいいます。手足は心臓から遠い末梢にあり、血行の悪化による影響を最初に受けるため冷えの症状が現れやすい場所なのです。また、身体は重要な臓器のある胴体や脳のある頭部の血行をまず確保するため、血行が悪くなるとどうしても手足へ行く血液が減少してしまいます。
気温が低い時には特に強い自覚症状がありますが、血行悪化による冷えは季節に関係なく起こっていますので真夏でも冷えの症状は起こります。
血行が悪いと、身体のすみずみまで酸素や栄養素が届きにくくなり、老廃物もうまく排出されずにたまりやすくなりますから、冷える以外にもさまざまな不調につながる可能性があります。
血行が悪化する原因には下記のようなものがあります。

筋力の低下

運動不足は全身の筋肉を衰えさせますが、特にふくらはぎの筋肉が衰えることは足の冷えに大きく影響します。ふくらはぎの筋肉は重力に逆らって心臓まで血液を戻すために、ポンプのような役割を果たしています。ふくらあぎの筋肉が衰えるとこのポンプ機能が低下してしまい、血液が心臓に戻りにくくなって血行が悪化します。

基礎代謝の低下

生命活動を行うために必要最低限のエネルギーが基礎代謝です。基礎代謝は主に体温維持に使われているため、基礎代謝が低くなると体温が低くなり、冷えやすくなります。

食生活

栄養バランスの悪い食事は、ミネラルやビタミン不足になりやすく、血液の循環を悪化させます。また脂肪分の多い食事などで血液がドロドロになると流れが滞るため、血行は悪化します。

鉄分不足

鉄分不足は女性に多く、生理やダイエットなどで鉄分不足になり、適切に鉄分を摂取しなければ、いずれは貧血を起こします。酸素を運搬する役目を持った赤血球が減少するため酸素不足が生じます。これにより、体調不良、倦怠感、手足の冷えが起こります。

ストレス

緊張すると手足が冷たくなることがあることからわかるように、血行不良にはストレスも大きくかかわっています。

自律神経の乱れ

身体の体温調節を司っているのは自律神経です。暑い時には血管を拡げて体温を逃がしますし、寒い時には血管を収縮させて体温を逃がさないようにします。エアコンなどで季節に関係なく一定の温度が保たれた環境では、気温に対する感覚が鈍くなってしまいます。これにより体温調節機能がうまく働かなくなり、冷えにつながります。
また、腸の蠕動運動のコントロールも自律神経が担っているため、自律神経が乱れると便秘や下痢を起こしやすくなり、基礎代謝が低くなって冷えにつながります。
ホルモンのバランスが崩れることで自律神経が失調し冷え症になります。更年期を迎える女性に多い症状です。

喫煙

喫煙すると血管は急激に収縮し、血流を悪化させます。

女性に冷えが多いのはなぜ?:女性の冷え・男性の冷え

女性の冷え

  • 女性は男性に比べて筋肉量が少なく、脂肪が多いという特徴を持っています。筋肉は体温の上昇にとても大きな役割を果たしていますので、筋肉が少ないと冷えやすくなります。加えて女性には冷えてしまうと温まりにくい性質を持つ脂肪が多いため、冷えが起こりやすいのです。
  • 女性の腹部には卵巣や子宮があり、腹部の血流が悪くなります。内蔵が冷えることによる冷え症をおこします。また、月経時の血液不足によって手足などの末梢まで血液がいきわたらなくなり熱が届きにくくなるので冷えの症状が出ます。さらに、ホルモンバランスが変わると自律神経が乱れ、冷えやすくなります。そのため、更年期に冷えが現れる女性も多いのです。
  • そのほかに、寒い場所でのスカート着用による下半身の冷えや、締め付ける下着や衣類の着用による締め付けも血行を悪くするため冷えがおこります。

これらが女性に冷えが多い原因になっています。

男性の冷え

冷えは女性に多い症状ですが、男性にもあります。特に加齢による筋肉量の低下、臓器機能などの衰えは基礎代謝を下げ、冷えにつながります。男性の冷えは手足の冷たさだけでなく、頻尿や腰痛、肩こりといった症状で自覚されることがあり、体を温めると腰痛や肩こりが楽になるような場合は冷えが存在していることがあります。

冷え症のタイプ

冷えはさまざまな原因で起こっているため、タイプによって効果的な対策がそれぞれ違います。

手足が冷えるタイプ

手足が冷えるタイプ血管が細い、または脂質異常症で血液がドロドロなどの血行が悪い状態だと、十分な血液が手足の先まで行きわたらなくなって冷えの症状が起こります。このタイプの冷え症は冷えのある手足だけを温めてもなかなか症状は改善しません。人間はまずは内蔵を温めようとします。そのため、血液を内蔵に集中させるため、手足などの末端には十分に熱がいきわたらなくなります。お腹や腰などの保温も心がけ体全体に熱がいきわたるようにしてみましょう。

下半身全体が冷えるタイプ

姿勢が悪い、長時間同じ姿勢で過ごす(同じ方向を向いて就寝する、同じ方向に足を組むなど)などで身体が歪み、特に骨盤のゆがみが原因で下半身を中心に血行不良となって冷えが起こるタイプです。冷えることで代謝が悪くなり、お尻や太ももに老廃物が蓄積されセルライトという塊になり、冷えがますますひどくなります。できるだけ正しい姿勢を保ち、デスクワークの場合はこまめに立ち上がって歩くよう心がけてください。また、入浴・下半身浴などで代謝をよくすることを心がけてください。

全体が冷えるタイプ

基礎代謝が低いため体温も低下し、身体全体が冷えているタイプです。身体がだるい、風邪をひきやすい、すぐお腹が壊れるなどの症状が現れますが、手足はそれほど冷えを感じないケースもよくあります。冷え性という自覚がない方が多いのですが、免疫力も低下している状態なので注意が必要です。

内臓が冷えるタイプ

自律神経の異常で手足の末端の血管が収縮できなくなり、そのため、内蔵臓器に血液を集められなくなるため内蔵が冷えてしまいます。ストレスとの関連が深い冷え症と言えます。 このタイプは手足は温かいことが多いので、冷え症と気付かないことがあります。しかし、お腹を下しやすくなった、体がだるい、風邪をひきやすくなった、などの症状があったら、このタイプの冷え症かもしれません。体を温める食べ物(生姜など)をとることで内蔵の冷えを予防することができます。

冷え症の改善

身体全体の血行を改善することが必要です。西洋医学的にはビタミンEを投与したり、血管拡張剤を使用します。東洋医学的には患者様の病状により漢方薬を選択して使用します。冷え症の改善方法としては生活習慣の改善がもっとも効果的です。

入浴・半身浴

入浴・半身浴できれば毎日、ぬるめのお湯にじっくり浸かって、汗ばむくらいまで温まってください。少し長めにお湯につかるといいでしょう。副交感神経が優位となり血管が拡がり、血行が良くなるだけでなくリラックス効果もあります。また、入浴後は冷えはじめる前に靴下を履いてください。半身浴も効果的ですが、お湯が冷めやすいため注意してください。

運動

運動運動している時にも全身の血行は改善しますし、筋力がアップすることでも血行が改善します。血行が良くなると酸素と栄養素が全身に行きわたって老廃物の排出もスムーズになり、新陳代謝が促進し、体温も高くなって基礎代謝もアップします。
ハードな運動は特に必要ではなく、キビキビと歩く程度のウォーキングを習慣化するくらいで十分です。日常で歩く距離を少しだけ増やす程度でも、毎日行えば効果が現れます。
また、ストレッチはこわばった筋肉をほぐして血行を改善させますので、仕事の合間や就寝前に軽いストレッチを取り入れるようにしてください。特に、就寝前のストレッチは、血行が良くなり体温も上がるため、ぐっすりと眠ることができます。

飲食物

飲食物東洋医学では食べ物を身体を温める「陽性」、身体を冷やす「陰性」、どちらでもない「中性」に食材を分けています。冷え性の方には「陽性」の食材を積極的にとるようにおすすめしています。実際に、陽性の食材であるショウガは身体を温める効果が高く、さまざまな料理や飲み物に取り入れやすいためおすすめできます。

  • 「陽性」の食べ物
    生姜、ネギ、ニンニク、ごぼうなどの根菜類で、寒い土地でとれる野菜に多い。シトルリンを多く含むスイカの皮、胡麻、黒豆、小豆などの黒い物。
  • 「陰性」の食べ物
    トマトやキュウリなど暑い土地でとれる野菜で、土から上に身がなるもの。生で食べられる野菜。砂糖や合成甘味料などの白い物、水っぽい食べ物、バターやマーガリンなどの柔らかい物、スナック菓子やチョコレートなど。
  • 「中性」の食べ物
    玄米や麦などで、冷やすことも温めることもしません。主食として適しています。

バランスよく食事をとることが何よりも大切です。冷え症だからと言って陽性の食べ物ばかりをとることはよくありません。陰性の食べ物は、スープやみそ汁などにいれるなどして温めて食べるといいでしょう。 また、水分をたっぷりとることは重要ですが、冷たい飲み物は身体を冷やします。夏でもできるだけ温かいものを飲むようにしてください。特に、朝は身体の水分がとても少ない状態ですので、温かい飲み物をたっぷりとるよう心がけてください。
身体を温める飲み物、冷やす飲み物としては以下のものがあります。

  • 体を温める飲み物
    紅茶、ほうじ茶、ウーロン茶、ココア、生姜湯
  • 体を冷やす飲み物
    コーヒー、緑茶、ジュース、牛乳、水

マッサージ

マッサージマッサージも血行を改善するためには効果的です。指先のマッサージは、指先の血行が良くなることで、全身の血行が改善され、肩こりが軽くなり、疲れ、だるさが取れ、体温が上がります。ハンドクリームを塗る時に、少し丁寧にマッサージするなどを心がけてください。

呼吸

腹式呼吸は基礎代謝を上げ、副交感神経が働きます。お腹に空気を送り込むようにイメージしながらゆっくり息を吸っていき、吸う時より時間をかけて息を吐いていきます。5分ほどやるといいでしょう。

TEL:048-822-5489
一番上に戻る
求人情報日帰り手術ドットコム